札幌で住宅についての相談は安心の住宅サポーターズネット|家造りのスペシャリストを繋げるためのマッチングサービス|対象地域:札幌近郊,札幌市,江別市,小樽市,北広島市,石狩市,恵庭市,千歳市


家づくりについての相談は住宅サポーターズネット > 住宅サポーターズネットお悩み事例

住宅サポーターズネットお悩み事例

契約に関するお悩み

Q1

どこの建築会社に見学に行っても、「うちが一番良いよ!」としか言われない。

A1

大半の建築会社の営業職は、その職責として「目標」=「ノルマ」を背負っているのが現状です。
確かに目標設定は会社経営の質と営業個人の資質向上としては良いものですが、ノルマの達成を優先させるために、打ち合わせ時に良いことしか言わず、逆にお客様を不安にさせることもございます。
住宅サポーターズネットではお客様と真摯に向き合うため、良いことも悪いことも先にお話し致します。
その結果としてお客様の不安を解消し、納得してご契約していただくことを第一に考えております。

Q2

私達はそんなに急いでいないのに、契約を急がされてじっくり見積もり内容等の比較検討が出来ない。

A2

建築会社の都合で契約を急がせる、という話をよく耳にします。
営業職のノルマの達成、会社の目標達成を優先させ、お客様を不安にさせることは決してあってはいけません。
「住宅の建築は一生の買い物」ですので、お客様が質・価格にご納得して初めて契約となります。
住宅サポーターズネットはお客様に寄り添い、最後までお付き合いすることで皆さまの不安と疑問を解消することを目指しております。

Q3

モデルハウスは確かに素敵だけど、我が家の収納力は確かに足りていて、実際に快適に生活できるのか(生活動線や使い勝手 加齢に伴う生活スタイルの変化への準備等。)が不安。

A3

モデルハウスの多くが、販売棟数を延ばすための販売戦略に基づいた設計となっております。
そのため、お客様個人に合わせた形ではなく、時流に合わせた設計であることが多いです。
モデルハウスでのご商談の際には、モデルハウスはあくまで参考までとし、お客様ご自身の夢の形に向けて一つ一つ希望を積み上げていくようなご商談が理想的と考えております。

Q4

急かされて契約したが、契約後の打ち合わせで聞いていなかった話が出てきてしまい不安になってしまった。

A4

建築会社によっては、手のかからない企画住宅の変更をお見せし、「お客様のご注文住宅です!」 とご提案される会社もあるかと思います。
俗に言う、契約迄早い図面を持参して、ご契約を急がされるケースがあります。
それ自体はお客様ご自身がご満足されればもちろん素晴らしい事ですが、企画住宅の変更では、収まりきれない部分が契約後の打ち合わせで出てくることもございます。
そういったトラブルを避けるため、住宅サポーターズネットではお客様と足並みを揃え、一緒に進んで行きたいと考えております。

費用に関するお悩み

Q1

見積もりを貰ったが、一式と書かれた項目ばかりで不安になってしまった。

A1

住宅の購入をお考えの方のその多くは、会社勤めをされていて、ご家族のために一生懸命働いている方かと存じ上げます。
日々の生活費や子育てにかかる費用を考えると、ほとんどの方が住宅ローン融資をご利用されるものと思います。
そのため、住宅の購入は一生をかけた買い物となります。
住宅サポーターズネットではお客様が不安や疑問に思うことには正直にお答えいたします。
御見積に関しましても、きちんとご説明しご理解いただけるように努めておりますのでご安心ください。

Q2

期間内に契約すれば、〇○○万円も値引きすると言われて、「本当の価格はいくらだったのか」と、信用できなくなりました。

A2

大きな建築会社になればなるほど、営業目標があり、決算月までに目標の販売棟数の達成のためのプレッシャーが大きくなります。
そのため、目標を達成するための手段として「値引き」という手法が多く取り入れられます。
もともとの価格設定には事前に必ずかかる間接費(人件費・広告宣伝費)が含まれております。
目標の達成のため、表向きには顧客第一主義と謳いながらも実際はこういった企業側の都合から「値引き」という手法が必要になることが多いです。

Q3

予算を含む全体像が見込めていないのに、「まずは、銀行の事前審査を出してみましょう」と急がされ、銀行の融資は下りたものの、本当に大丈夫なのか疑問と不安で一杯です。

A3

売り手側と致しましては、まず銀行の事前審査を提出して承認が下りたお客様を前提としてご商談を進めるよう指導している建築会社もあります。
簡単に言うと「効率を落とす営業はするな!」という意味です。
もちろんそういった企業側の意見も理解できますが、我々の主観ですと、まず好きな土地が見つかり、次に好きな建物プランと御見積を提出し全体像が見えてくると考えておりますので、それに併せてご融資の相談をさせていただくのが自然な流れかと存じ上げます。

プランに関するお悩み

Q1

モデルハウスは確かに素敵だけど、我が家の収納力は確かに足りていて、実際に快適に生活できるのか(生活動線や使い勝手 加齢に伴う生活スタイルの変化への準備等。)が不安。

A1

モデルハウスの多くが、販売棟数を延ばすための販売戦略に基づいた設計となっております。
そのため、お客様個人に合わせた形ではなく、時流に合わせた設計であることが多いです。
モデルハウスでのご商談の際には、モデルハウスはあくまで参考までとし、お客様ご自身の夢の形に向けて一つ一つ希望を積み上げていくようなご商談が理想的と考えております。

Q2

たくさんの建築会社から建物のプラン提案を受けたが、全て希望条件は満たされているものの、似たような提案が多く選ぶ決め手がありません。

A2

もっとオリジナル性のある住宅を建てることは可能でしょうか?
住宅サポーターズネットでは家を建てる上で一つの会社で全てを解決することは難しいと考えております。
人とは違うオリジナル性のある住まいづくりを実現するには、建築家や家具職人など、それぞれの専門家の意見が必要な場面がございます。
我々のスタッフにはさまざまな分野の専門家がおりますので、お客様のご希望を叶える上で適切なスタッフをご紹介いたします。


住宅サポーターズネットに相談する